話題の真っ赤な成分「アスタキサンチン」のすごい効果はこれ!

話題の真っ赤な成分「アスタキサンチン」のすごい効果はこれ!

 

 

最近化粧品などに成分として配合され、若返り=アンチエイジング効果があるとにわかに注目されつつある「アスタキサンチン」とはいったいどういうものなのでしょうか?

 

ここでは話題の成分「アスタキサンチン」について詳しくご紹介します。

 

 

アスタキサンチンってどういうもの?

 

 

アスタキサンチンはカロテロイドと呼ばれる天然色素の一種で、真っ赤な色素の成分です。

 

カロテロイドの代表的なものとしてはトマトのリコピンやニンジンのβーカロテンなどがあります。

 

アスタキサンチンが多く含まれている食品は紅鮭やイクラ、カニやエビなど赤色の強い食品に多く含まれているようです。

 

 

 

アスタキサンチンのすごい効果って?

 

 

カロテロイドには体の酸化を抑制する抗酸化力が強いといわれていますが、中でもアスタキサンチンには強い抗酸化力があるのが特徴です。

 

具体的な数値としてはβ-カロテンの5倍、 CoQ10の800倍、ビタミンEの1000倍、 ビタミンCの6000倍と言われています。

 

 

アスタキサンチンを摂取する事より期待出来る効果は強力な抗酸化力による免疫力の向上をはじめ、美白、美肌、アンチエイジング、筋肉疲労の軽減、眼精疲労の改善、動脈硬化・メタボリックシンドロームの予防などに効果があると言われています。

 

また、アスタキサンチンは成分の特性として脳と目に直接届く成分の一つです。抗酸化作用のある成分や食品はたくさんありますが、目と脳に直接働きかけてくれる成分は数えるほどしかありません。

 

脳や目は、フィルターのようなもので栄養素をろ過しているのですが、ビタミンC、ビタミンE、βカロテンといった抗酸化作用のある成分はフィルターでろ過されてしまいます。

 

アスタキサンチンはこのフィルターを通過できる数少ない成分の一つとされています。

 

 

目を酷使すると目の周辺の筋肉が疲労し、目が痛い、かすむ、ぼやけるなどの視力に影響する眼精疲労に繋がるほか、ひどくなると頭痛や肩こりなどの症状にも繋がってしまいます。

 

めなりに含まれているアスタキサンチンが目にしっかりと届く事により気になる目の症状に効果が出てくるようですね。