アイケアに特化したビルベリーサプリ、めなりの特徴は?

 

眼に効果があるといわれているブルーベリーサプリはたくさんありますが、満足いく効果を実感しているユーザはあまり多くはないようです。

 

そういった今までのサプリでは満足できなかったブルーベリーサプリをメーカーである「さくらの森」が実感できるサプリとするために課題としたポイントはこちらの5つになります。

 

ビルベリーそのものの配合量

一般的に推奨されているベリーエキスの一日の摂取目安量は120~250mg、含有成分であるアントシアニンの換算量では40~90mgと言われています。

 

めなりは一日2粒を1日分としてビルベリーエキスの配合量が170mgと摂取目安量の約3分の2を摂取する事ができます。
めなりは一日の摂取上限は6粒までとされており、4粒飲むことによって一日に推奨されている摂取目安量である250mgも満たすことが出来ます。

 

さらにめなりに配合されている「ビルベリー」は一般的なブルーベリー種に比べ、アントシアニンの含有量が一般品種に比べ約5倍もアントシアニンが含まれています。
めなりには業界トップクラスのビルベリー配合量という事もあり、アントシアニンとして摂取目安量とされている1日40mg以上を容易に摂取する事が出来ると言えますね。

 

 

アントシアニンの吸収率

めなりに配合されているビルベリーエキスはただの抽出エキスではなく、アメリカで特許を取得したビルベリーエキスとなっています。
その為、今までのブルーベリーエキスと比較して腸管上皮細胞へのアントシアニン吸収率が2倍以上にアップされ、摂取したアントシアニンの力を損なう事なく体内に吸収する事が出来ます。

 

 

「酸化させずに」体内に届けるか

アントシアニンは酸化しやすい成分で、通常のブルーベリーエキスでは体の中に成分が吸収される前にその多くが効果を失ってしまいます。
そのため、めなりに配合されているビルベリーはその独自の特許製法により、時間が経っても効果が高く安定するように作られています。

 

 

加齢と共に減少するルテイン・ゼアキサンチン

緑黄色野菜に多く含まれているルテインとゼアキサンチンは 紫外線からのダメージから目を守ってくれる成分と言われています。
ですが、その成分ルテインは40代ごろから体内から急激に減少してしまうため、めなりでは体内に吸収されやすく量も豊富なマリーゴールドから精製されたルテインを用いる事によって、
加齢とともに減少していくルテイン・ゼアキサンチンもしっかりと摂取出来るようになっています。

 

 

 

相乗効果で効果を最大限発揮させる「相性の良い成分」

眼の健康を保つ為の成分の他に強い抗酸化作用をもつとされるアスタキサンチンとクロセチンを配合しています。
アスタキサンチンはビタミンEの1000倍の力を持つといわれ、美容液などにも使われています。
この二つの強い抗酸化作用をもつ天然成分を配合し、カラダの若々しさを保ちます。

 

 

これらの5つの課題をクリアした「めなり」は1袋当たり60粒で通常3,980円ですが、
特別モニターコースに申し込むことによって、税込み980円、送料無料で購入する事が出来ます。